小鼻の横は皮脂が分泌しやすく炎症やニキビができやすい

小鼻の横が赤みがでる理由として最も多いのは、毛穴から分泌される皮脂が関係しています。

皮脂は毛穴から分泌することによって、外に放出される水分を調節して角膜があれないようにしてくれているのです。

特に小鼻は外気に晒されやすいポイントなので、分泌量は顔の表面でも多い場所になります。

本来皮脂は重要なものですが、不摂生や皮膚に対してストレスがかかると分泌量が増加するのです。

皮脂の中には色々な栄養分が入っているので、過剰に分泌すると皮膚の常在菌や外気の雑菌の繁殖する手助けになります。

その雑菌の影響によって体内の抗体が働くと、血管や皮膚細胞が傷ついて炎症が起きるのでニキビなどの肌トラブルを引き起こし小鼻が赤くなるのです。

必要な皮脂まで取りすぎると肌を守るために皮脂が過剰に分泌する

小鼻の赤みの原因が皮脂にあるとしても、市販されている皮脂汚れを落とすスキンケアグッズで落とし過ぎるのはよくないです。

先に言ったとおりに皮脂の役割というのは、外に放出される水分を調節して角膜があれないようにしてくれているのです。

そのため皮脂汚れを落とすスキンケアグッズを使いすぎると、本来残しておかなければならないはずの量が無くなることになってしまいます。

過剰に皮脂を落とし過ぎた場合、本来外にとどめるはずの水分が無くなってうことで角質が乾燥してしまうのです。

乾燥した角質は雑菌やほこりから守るバリア機能が失われてしまうので、皮膚は失ってしまった水分の代わりに毛穴から大量の皮脂を分泌して守ろうとします。

それでは空気に触れて酸化した皮脂が常在菌の繁殖を促してしまい、より小鼻の赤みがひどくなってしまうのです。

潤いを与え肌のバリア機能を正常にする化粧水でケアする

小鼻の赤みは、どうしても清潔感を損ねたりもするのでひどくなる前に抑えたいところです。

そこで乾燥する冬の時期に備えて、小鼻の赤みを出来るだけ自身の力で抑制する方法を知っておくと対処することができます。

そもそも小鼻の赤みの原因は、皮脂のバランスが崩れてしまい過剰分泌しているのが原因です。

改善するのに重要になるのが、肌に潤いを与えるスキンケアグッズになります。

皮脂汚れを落とすスキンケアグッズの使い過ぎは問題ですが、ただ使い過ぎが問題であって適度に使うのであれば問題ないです。

その皮脂汚れを落とすスキンケアグッズを使った後は、どうしても角質の水分や皮脂が落ちてしまっているので乳液を含めた化粧水をしっかりと肌に与えます。

水分をしっかり与えれば健康な角質が状態を維持できるので、バリア機能が炎症を抑えるので元の状態になるのです。